TOPへ 2016年の様子 2015年の様子 さんたまやひろば(BBS)
2014年の様子 2013年の様子 2012年の様子 2011年の様子は
2010年の様子は 2009年の様子は 2008年の様子は うたごえ喫茶リンク
2007年のさんたま屋 2006年のさんたま屋 今までのさんたま屋 さんたま屋でうたえる歌
2017年のうたごえ喫茶
 
  5月23日(火)のさんたま屋U  
   共謀罪法案が衆議院を通過。

「きょうはもう何をリクエストしたらいいかわからない」と言う方もいました。
浜千鳥ではいつも被災地を思います。被災地の復興に力をいれてほしいとか
私と小鳥と鈴とでは1人一人の個性を大事にしてほしいとか
花には太陽を子どもらには平和をや戦争はもういやだなど
こういう思いを自由に言えなくなる「昔の治安維持法」と言われる共謀罪法案。
政治に無関心ではダメだなと思います。

1部  司会 haru
幸せを売る男・バラライカ・浜千鳥・私と小鳥と鈴と・蛙の笛
花には太陽を子どもらに平和を・オールドブラックジョー・戦争はもういやだ
流亡の曲・君をのせて・わたぼこの中に咲いた花
樫の木・若いってすばらしい
   2部もリクエストから歌っていきました。
司会はおっくん。
宗谷岬から大阪ラプソディまでは各地域のうた。
かわいいあの娘の「カタツムリはどこから〜」のところは
どう考えても「タニシじゃないか?」とのこと。
川から田んぼにいくのですからカタツムリじゃちょっと変。
まっ、タニシじゃ字足らずだからしょうがないですかね?。

2部  司会 おっくん
夏は来ぬ・霧子のタンゴ・宗谷岬・白神山地の詩・こきりこ
大阪ラプソディ・かわいいあの娘・母なる故郷・上を向いて歩こう
てんとう虫のサンバ・アカシアの雨がやむとき
 
 きょうはこれを歌わなくちゃとリクエストいただいたのが
「あの日の授業」です。ヒューマンライツも続けて歌いました。
「憲法がなければ人権はなくなってしまうでしょう…」
危ない!です。

3部  司会 haru
あの日の授業・ヒューマンライツ・学園広場
さよならの夏・エーデルワイス・ワルシャワ労働歌
心の旅・人間の歌・川の流れのように
一坪たりともわたすまい・インターナショナル・さよなら
 
     



 
  4月25日(火)のさんたま屋U
   北朝鮮とアメリカがイヤ〜な雰囲気になっていて
朝のニュースも「ミサイルが飛んできたらどう身を守るか」なんてことを
やってました。その割には他のテレビは軽いもので
説得力はないのですけど、イヤ〜な気持ちになりました。
で、きょう歌うのは「戦争はもうイヤだ」 これしかない!

リクエストはとても平和で春らしいものが多く、まずはそれを歌いました。
気持ちが落ち着きます。
「あなたのへいわみんなのへいわ」はとてもおもしろい歌!

1部  司会 haru
手のひらの歌・勇気あるもの・調子をそろえてクリッククリッククリック
五月の歌(モーツアルト)・鈴掛の径・すずらん・月の沙漠
月光仮面の歌・山男の唄・あなたのへいわみんなのへいわ
アンジェラスの鐘・そんな町を・へいわのうた・戦争はもうイヤだ
 
 3ヶ月ぶりのビーちゃんが登場
ずっと前に「ビーちゃんから習った」という「うりずんの海」のリクエストが
きていて、休憩時間に予習なんかしてました。
紹介曲はみんながみんな英雄という、どこかで聞いたことのある歌。

2部  司会 ビーちゃん
愛ある街で・花言葉の唄・世界をつなげ花の輪に
果てもなき荒野原・オホーツクの舟歌・みんながみんな英雄(替え歌)
聞け万国の労働者・振り込め詐欺だよおっかさん(替え歌)
うりずんの海・一坪たりとも渡すまい・心はいつも夜明けだ
   ヒューマンライツというのは「人権」という意味ですが
どの歌をとっても内容は「人権にかかわる歌」のように思えました。
震災で今まだ普通の暮らしに戻れない方たちも
都会に出てきて働いている若ものたちも、職場でがんばっている方たちも
1人ひとりが大事にされるようにならないと…

3部  司会 haru
勇木さんの演奏はティコティコ 即興演奏です。

河は呼んでる・若葉・二つの岸・素晴らしき明日のために
友よ未来をうたえ・案山子・ヒューマンライツ・浜千鳥
みんな元気か・心のうた・ステンカラージン・さよなら


最後のステンカラージンは熱唱!!でした。
   



 
 3月28日(火)のさんたま屋U
   本日のゲストは大熊啓(あきら)さん。
さんたま屋が始まろうというときに会場入りして、みなさんの拍手を
うけていました。何年かぶりの出演です。
クマちゃんはしばし休憩+お食事(おにぎりだけど…)してもらって
1部はリクエストから歌っていきました。

1部  司会 haru
春に・春風・上高地の春・あなたの心に・峠道
見上げてごらん夜の星を・闘うわれら・手・友よ(いずみたく)
ぶらんこのうた・岩尾別旅情・長い道
   ものすごくたくさん、リクエストをもらっていました。古い労働歌から新しい(くもない?)ヒット曲まで
で、いつもはなかなか歌えない最近??の歌は全部クマちゃんにお願いしました。
うたごえ運動の歴史から、戦争反対の思いから、「人間のうた」と「さよなら」が似てるという話やら
いろいろな話をおりまぜながら、歌のリードもバッチリしてもらえたので
なんか、知らなかった歌もみんな歌えた気がしました。

歌だけでなく、ギター伴奏もすごくいいので、勇木さんのピアノ伴奏ともバッチリとあっていて楽しめました。
ちなみにクマちゃんと勇木さんは同学年。若い力にワクワクした時間を過ごしました。

2部  司会 大熊啓さん(クマちゃん)
花の街・心のうた・戦争はもういやだヒロシマのある国で踊り子(村下孝蔵)(←雰囲気をユーチューブでどうぞ)
人間のうた・さよなら(小田和正)・さくら(森山直太朗)・ヒューマンライツ
     
 勇木さんは小さなキーボードを持参していて、それを
スマホとミキサーにつないで音を出すという新しい?システムで
ピアノと合わせて伴奏をしてくれました。(左の写真)
(システムのことは)なんかわからないけど…
すごい!
あと、きょうはバラードの気分ということで演奏も1曲。

その後はまたリクエストから歌っていきました。
右の写真は子鹿のバンビを歌う女性陣。かわいらしく歌ってくれました。

3部  司会 haru
もしあなたに出逢ってなかったら・友よ未来をうたえ
花のまわりで・子鹿のバンビ・鶴・同志は倒れぬ・かなわぬ恋
いい日旅立ち・ふるさとは今も変わらず・sayonara



 
 2月28日(火)のさんたま屋U
   リクエストをたくさんいただいてます。
他のうたごえ喫茶ではあまり歌われないような歌が多くて
勇木さんも「これはどんなテンポですか?」って
何回も聞いてました。お疲れ様です。
でもいい歌がいっぱいです。!(個人的感想ですけど)

1部  司会 haru
嵐・春に・早春賦・峠道・上高地の春・風花・下町の太陽
小さな木の実・北風の中に・春の日の花と輝く・どこまでも幸せもとめて
湖畔の宿・・小さな世界・漁夫の歌
 
   2部の司会はおっくんでした。
笠木透の特集をする!といって宣伝したので
そのために来てくださった方もたくさんいました。
解説をいれながらほぼ年代順に歌っていきました。
あの日の授業もやりたかったのですが、時間切れ…

2部  司会 おっくん
おいで一緒に・私に人生と言えるものがあるなら
私の子どもたちへ・あなたが夜明けを告げる子どもたち
ピースナイン・カタクリの花君のこと
ひとつぶの涙・軟弱者・HumanRights・冬芽
 
   3部はリクエストを歌っていきました。
何曲かリクエストをしてくださった方もいましたが、1〜2曲が精一杯でした。
満月の夕は勇木さんもマイクを近づけて歌ってくれました。

3部  司会 haru
上を向いて歩こう・花には太陽を子どもらに平和を・二つの岸
しゃれこうべと大砲・・ワーシャワシリョーク・サンタルチア・蔵王の歌
満月の夕・北風小僧の寒太郎・この手をつないで・フランチェスカの鐘
幸せを売る男・世界をつなげ花の輪に・さよなら
 
     



 
 1月24日(火)のさんたま屋U
   新しくなったさんたま屋U
装いも新たに!! ピアノの後ろに飾っている「旗」?も新しくしました。
そしてそして、伴奏者に南部勇木さんを迎えました!!
新たな気持ち…なのか? ちょっと(かなり)緊張しました。

勇木さんのピアノ伴奏は迫力もあってすごい!です。
歌っているみなさんものりにのったという感じで、それにつられて勇木さんもバンバンと弾いてくれてました。
ちなみに、星のフラメンコを歌いましたけど、勇木さんは「全く知らない歌」だと言ってました。
西郷輝彦も知らない…と。 歌っているほとんどの人たちはよ〜く知ってる歌だったんですけど…ネ。

1部  司会 haru
乾杯の歌・春に・花をおくろう・スキー・トロイカ・黒い瞳の
星のフラメンコ・春風・蔵王のうた・峠道・芭蕉布・沖縄今こそ立ち上がろう・新雪

  2部はその月のゲストに司会をお願いします。
今月はビーちゃん。久しぶりにビーちゃん節を聞きました。
「リクエスト曲をやってね」と言ってありましたが
「そういうのって慣れてないから緊張した」と言ってました。
そうは見えなかったですけど…

2部  司会 ビーちゃん
愛ある街で・バラライカ・花のメルヘン・満州の丘に立ちて
ひとつぶの涙・喜びも悲しみも幾年月・学生時代
岳人の歌・友よ(岡林)・あの青い空のように・誘惑の春
 
    3部は勇木さんの自己紹介を兼ねた演奏を一曲
得意のジャズから弾いてくれました。毎回勇木コーナーを
いれていく予定です。
第1回のさんたま屋Uということで、かけつけてくれたバクさんに
4曲ほど司会をお願いしました。
勇木さんの伴奏や演奏を聴いてレッドリバーバレーと
モスクワ郊外の夕べは「自由に弾いてもらって、それに合わせて歌おう」と
スイングのリズムに乗って歌いました。

3部  司会 haru
レッドリバーバレー・モスクワ郊外の夕べ
国際学生連盟の歌・人間の歌・未来をかけて・すずらん
春が呼んでるよ・歌えバンバン・マンマ・あの丘越えて
一坪たりともわたすまい・さよなら
 

「うたごえは平和の力」「うたごえは生きる力」をモットーに
これからも歌っていきます。これからもよろしくお願いします。
 
   



2014年のさんたま屋の様子はこちらから 2013年のさんたま屋の様子はこちらから
2012年のさんたま屋の様子はこちらから 2011年のさんたま屋の様子はこちらから
2010年のさんたま屋の様子はこちらから 2009年のさんたま屋の様子はこちらから
2008年のさんたま屋の様子はこちらから うたごえ喫茶リンクのページ
2007年のさんたま屋の様子はこちらから さんたま屋でうたえる歌はこちらから
2006年のさんたま屋の様子はこちらから さんたまやひろば(BBS)
今までのさんたま屋の様子はこちらから
 
さんせいホール(中央線国立駅南口下車・徒歩4分)
更新日